人工血管挿入(急性大動脈解離)で障害厚生年金3級を取得、年間約80万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/会社員)
傷病名:人工血管挿入術(急性大動脈解離StanfordA)
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

相談時の相談者様の状況

突然の胸部激痛があったため救急搬送されました。
検査の結果、大動脈解離を指摘され、人工血管置換術を受けました。
入院先の病院から相談のお電話をいただきました。

相談から請求までのサポート

退院後、すぐに相談にお越しいただきました。
人工血管置換術の施術と日常生活に支障があると判断された場合には3級が認められます。
基本の障害認定日は初診日から1年半を経過した時点となりますが、人工血管を挿入された場合は例外として、装着された日が障害認定日となります。
直ちに救急搬送された病院に受診状況等証明書の依頼と、手術、入院をされていた病院に診断書の依頼をさせていただきました。
両病院でスムーズな対応をしていただき、ご契約から1ヶ月以内で手続きの完了となりました。

結果

人工血管挿入(急性大動脈解離)で障害厚生年金3級を取得、年間約80万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例