MENU

人工関節を挿入された方は障害年金をもらえる可能性があります

人工関節を挿入された方は障害年金をもらえる?

人工関節を挿入される方が、障害年金をもらえることは、未だにほとんど知られていません。

障害年金とは、病気や事故が原因で障害を負った方へ国から援助金が給付される制度です。

人工関節を挿入された方は受給する可能性が高いと思います。まずは分かりづらい複雑な障害年金制度を漫画形式にしましたので、御覧ください。

障害年金マンガ【人工関節を挿入される方へ 教えて!障害年金】

いかがでしたでしょうか?

漫画にもありましたように人工関節を挿入された方は毎年約60万円の障害年金が支給されます。

そして受給できるかどうかについてはマンガにもありましたように3つの要件を満たしている必要があります。

実際に人工関節の患者さんで障害年金を受給された方の事例

千葉障害年金相談センターでは、多くの人工関節患者さんの障害年金受給をサポートしてきました。

下記に代表的な受給事例をご紹介します。

人工関節を置換し、障害年金3級が認定された事例

相談者Bさん
女性(50代/会社員)
傷病名:人工関節(左変形膝関節症)
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

ご病気の状況

Bさんはインターネットで人工関節について検索し、
障害年金を受給できることを知ったそうです。

術後1年以上が経過し膝の調子は比較的順調でしたが、
将来の再手術に備えて障害年金の受給を希望されていました。

相談から請求までのサポート

Bさんは左膝の痛みを主訴に近所の整形外科を受診し、約半年後に紹介先の大学病院で人工膝関節置換術を受けました。

障害年金の認定基準では人工関節置換術を実施すると障害年金3級が認定されます。
また、Bさんのように初診日から1年6箇月を経過するより前に置換された場合は障害認定日の特例が適用され、手術実施日が障害認定日となります。

人工関節置換から1年以内に障害年金の手続きをする場合、手術実施日を現症日とした 診断書1枚で申請が可能です。人工関節置換から1年を経過して手続きをする場合、現症の診断書に手術実施の事実を記載して頂ければ診断書1枚で過去に遡って障害年金が認められます。

診断書の作成料も数千円から1万円以上の負担になるため、診断書1枚で遡りの手続きができるよう、手術を実施した大学病院で現症の診断書作成を依頼しました。

しかし、医師の判断で診断書の記載を断られてしまいました。

医師の見解では人工関節置換術は成功したため、障害者ではないと判断されたそうです。SW様を経由し、改めて障害認定基準に関する説明文書を添付して診断書を依頼したところ、手術実施当時の診断書を作成して頂くことができました。

しかし、現在は初診の整形外科に戻ってリハビリ・経過観察を受けているため、現症の診断書は作成できないという判断でした。

結果的にリハビリ・経過観察を受けている初診の整形外科で現症の診断書を作成して頂き、診断書2枚で手続きしました。

結果

障害厚生年金3級が認定されました。

障害年金3級で障害年金を受給するためには、該当傷病の初診日時点で厚生(共済)年金に加入中であることが必須条件です。初診日時点で20歳未満/国民年金に加入中の場合、障害年金3級で障害年金を受給することはできません。

※人工関節は部位、個数に関わらず3級認定となります。

千葉障害年金相談センターでは、無料でご相談を受け付けております。

いかがでしたでしょうか?

ご自身やご家族の方が人工関節を挿入されており、障害年金をまだ支給してもらっていないという場合には、当センターの無料相談をご利用ください。

当センターの専門家が、受給できるかどうかや今後の流れなどについて、詳しくご説明します。いつでも相談を受け付けておりますので、お気軽にお申し込み下さい。

いつでも相談を受け付けておりますので、お気軽にお申し込み下さい。

無料相談をご希望の方は、下記からお申し込みください。
後日担当者より日程調整のご連絡をさせていただきます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まい (必須)

お電話番号 (必須)

生年月日

病名(わかる範囲で構いません)

初診日(わかる範囲で構いません)

初診日当時の年金の種類(わかる範囲で構いません)

備考 (必須)

ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

 

 

手軽に診断 1分間受給判定

どの社労士に相談するか悩んでいる方へ

LINE
失敗しない 相談先選びのポイント
お客様の声
推薦者の声
障害年金勉強会(無料)開催中