MENU

広汎性発達障害(ADHD・ADD・自閉症スペクトラム・アスペルガー)

 >> 自閉症スペクトラム障害・ADHDで障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/無職) 傷病名:自閉症スペクトラム障害、ADHD 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級   相談時の相談者様の状況 ご本人様・お母様からご相談がありました。 障害年金の請求を行いたが、担当医師が代わったことやあまり障害年金にご理解がなく困っておられました。 相談から請求までのサポート 現在のご病状、日常生活状況を的確に診断して頂くため診断書参考資料を作成 続きを読む >>

 >> 自閉症スペクトラム障害、知的障害で障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/無職) 傷病名:自閉症スペクトラム障害、知的障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級   相談時の相談者様の状況 19歳の息子様のご相談にお父様からご相談いただきました。 生まれつき重度の知的障害と診断されており、20歳になるタイミングで障害年金の申請ができるようにしたいというご希望がありました。 お父様は仕事が多忙であったため、ご依頼いただきました。 続きを読む >>

 >> 広汎性発達障害・注意欠陥多動性障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/無職) 傷病名:広汎性発達障害・注意欠陥多動性障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 就労移行支援事業所よりご紹介いただき、相談にお越しいただきました。 幼少期から人間関係で躓くことが多く、就労をしても周囲とのコミュニケーションが上手くいかず短期間で退職に至っていました。 現在就労移行支援事業所に通所していますが、訓練を受けても会 続きを読む >>

 >> 広汎性発達障害・双極性感情障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/無職) 傷病名:広汎性発達障害、双極性感情障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 幼少期は言葉が遅く、あまり周りの子どもとかかわることのない子供でした。 小学校は普通学級に在籍していましたが、注意力がなく集団行動ができないといった問題行動が顕著となり受診し、自閉症スペクトラムの可能性を指摘されました。 根本的治療が無いと言われたため中学校、高校 続きを読む >>

 >> 精神遅滞・自閉症・注意欠陥障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/会社員) 傷病名:精神遅滞・自閉症・注意欠陥障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 お母様から息子さんについてお電話でご相談いただき、後日無料相談会へご参加いただきました。 息子さんは幼少期に軽度知的障害があることがわかり、療育手帳を取得しておられました。 治療をしても治るものではありませんし、一度も病院には行っておられませんでした。 小学校以 続きを読む >>

 >> 躁うつ病(双極性感情障害)、ADHD(注意欠陥多動障害)で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 女性(20代/無職) 傷病名:双極性感情障害、注意欠陥多動障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給月から更新月までの支給総額:約78万円 相談時の相談者様の状況 初回無料相談にはご本人様とお母様がご来所下さいました。 ご相談者様は幼少時より集団行動や対人関係の構築が苦手でした。 専門学校入学直後から対人ストレスが原因で自傷行為を繰り返すようになり病院を受診しましたが、その後も自 続きを読む >>

 >> うつ病、自閉症スペクトラム障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/無職) 傷病名:うつ病、自閉症スペクトラム障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 障害者雇用で就労が決まったものの収入が少なく、将来への不安が強くご家族様が障害年金のご相談に来られました。 相談から請求までのサポート 初診時の病院を転院してから、5年2ヶ月が経過していたためカルテが破棄されており初診日を証明することは容易ではありませんでした。 続きを読む >>

 >> 広汎性発達障害、気分障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 男性(30代/会社員) 傷病名:広汎性発達障害、気分障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級   相談時の相談者様の状況 幼少期から他人とコミュニケーションを取ることが苦手で、いつも孤立していました。 大学在学中に孤立状態を改善したいと思い、学生相談室にて相談したところ心療内科を紹介され受診しました。 その後転院を繰り返すうちに広汎性発達障害と判明。 手帳を取得し、現在は特例子会社に 続きを読む >>

 >> 精神遅滞、注意欠陥多動性障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 女性(20代/無職) 傷病名:中度精神発達遅滞・注意欠陥多動性障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給月から更新月までの支給総額:約403万円 相談時の相談者様の状況 お母様から電話でご相談いただき、後日事務所へお越しいただいて面談を行いました。   相談から請求までのサポート 娘さんは就学前検診で支援学級をすすめられましたが、ご両親の希望で普通学級に通学されていました。 言葉 続きを読む >>

 >> うつ病・広汎性発達障害で障害厚生年金2級を取得、年間約120万円を受給できたケース

相談者 男性(30代/無職) 傷病名:うつ病・広汎性発達障害 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 支給月から更新月までの支給総額: 約240万円 相談時の相談者様の状況 学生時代から周囲と打ち解けることがなく、孤立していました。 普通学級に在籍していましたが、応用力に欠け同じことの繰り返しをしていないと落ち着かないという状態でした。 また強い眠気にも終始悩まされていました。 就職してからは 続きを読む >>

<< 前の記事を見る