MENU

不服申し立(再審査請求)

 >> 網膜色素変性症で障害厚生年金2級を取得、年間約210万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様は8年程前から網膜色素変性症を発症され、視野欠損が進行したご状況でした。 障害認定基準と視野検査の数値を照らし合わせたところ、2級相当に該当することが分かりました。 今後、遠くない未来に失明の可能性もあることから、自営のお仕事もいつまで続けられるか不安が募るということでした。 経済的な不安を軽減し、今後の症状の悪化に備えたいということで当センターにご相談に 続きを読む >>

 >> うつ病で障害基礎年金2級を取得、総額約320万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 最初はご自分で障害年金の請求をされました。 認定日は認められず、現症で障害基礎年金2級という結果に納得できなかったため、審査請求のお手伝いをすることになりました。   相談から請求までのサポート ご相談者様がご自身で作成、提出された資料一式や年金加入記録を精査したところ、障害認定日時点においても2級相当の重症度と日常生活状況であることが推測されました。 ご相談者 続きを読む >>