MENU

がん

 >> 肺がんで障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者 男性(40代/職人) 傷病名:肺がん 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級、 相談時の相談者様の状況 当センターのHPをご覧になりお電話頂きました。 当初は別の社労士事務所にご相談の予定でしたが、面談日時が限定され通院との調整ができずにお困りとのことでした。 医療費がかさみ、治療を断念することも検討されていたため、早急な対応が必要なご相談者様でした。 お電話頂いた日は、当センターの職員 続きを読む >>

 >> 左大腿悪性軟部腫瘍で障害基礎年金2級を取得、年間約123万円を受給できたケース

相談者 女性(40代/無職) 傷病名:左大腿悪性軟部腫瘍 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 ご本人様とお母様お2人でご来所いただきました。 外出時には車椅子、外出時以外は歩行器を使用していますが、補助用具がなければ日常生活が成り立たないご状況でした。 歩行、立位ともに不可能で、家族の付き添いなしでは外出が困難な状態が続いていました。 経済的不安を解消し、治療に専念で 続きを読む >>

 >> 直腸癌で障害厚生年金3級を取得、総額約320万円を受給できたケース

相談者 男性(40代/会社員) 傷病名:直腸癌 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級   相談時の相談者様の状況 腹痛や軟便が続くなど体調に異変を感じて受診をしました。 検査の結果、直腸癌と診断され、直腸切断術による手術と人工肛門造設を行いました。 退院後に職場復帰をされましたが、化学療法開始に伴い、疲れやすさ・微熱・歩行の辛さ等が続いています。 体力低下から勤務にも支障がでており、更に常態化 続きを読む >>

 >> 肝門部胆管癌で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者 女性(50代/無職) 傷病名:肝門部胆管癌 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級   相談時の相談者様の状況 ご本人からお電話いただき、後日無料相談に起こしいただきました。 会社の健康診断で肝機能の異常を指摘され精密検査を受けましたが、特に異常はないとのことで経過観察をしておりました。 その後、別傷病で受診中の検査の中で異常がみられ消化器内科を受診。 胆管がんと診断され、現在まで治療を 続きを読む >>

 >> 左乳がんで障害基礎年金2級を取得、年間約101万円を受給できたケース

相談者 女性(40代/無職) 傷病名:左乳癌 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給月から更新月までの支給総額:約167万円 相談時の相談者様の状況 ご主人様からお電話でご相談いただきました。 遠方にお住まいだったため、電話と郵便による聞き取りのみで対応しました。 奥様は約10年前に左乳房にしこりを感じ、検査を受けてがんであることが分かったそうです。 すぐに左乳房を全摘出されました。 抗が 続きを読む >>

 >> 乳がんで障害基礎年金2級を取得、年間約123万円を受給できたケース

相談者女性(40代/無職)傷病名:乳がん決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級支給月から更新月までの支給総額:約225万円相談時の相談者様の状況乳房にしこりを感じたため医療機関を受診。検査の結果、左乳がんと診断され摘出手術を受けました。退院後、外来通院でホルモン剤の処方を受け経過観察を続けていましたが、背中の痛みを感じて整形外科を受診したところ、肺・骨・子宮等に転移があるとわかりました。放射線治 続きを読む >>

 >> S字結腸がん・転移性肝がんで障害厚生年金3級を取得、総額約320万円を受給できたケース

相談者男性(40代/無職)傷病名:S字結腸がん・転移性肝がん決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級5年遡及額:約320万円相談時の相談者様の状況ご自身で何度か年金事務所に足を運び手続きを進めており、既に受診状況等証明書、診断書(認定日・現在)を取得しておりました。診断書の中身を確認したところ重要となる箇所の日付が誤って記載されておりました。これまでにも訂正のお願いをするために病院に通われたそうで 続きを読む >>

 >> 乳がんで障害基礎年金2級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談者女性(50代/無職)傷病名:乳がん 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級支給月から更新月までの支給総額:約268万円相談時の相談者様の状況ご主人様よりお電話でご相談いただき、後日ご本人と一緒に無料相談会へご参加いただきました。胸にしこりがある感じがして医療機関を受診しました。診察・検査の結果、乳がんと診断され治療を開始しました。当初化学療法や放射線治療、ホルモン治療を行い経過観察をしてい 続きを読む >>

 >> 傍腫瘍性症候群で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者女性(50代/無職)傷病名:傍腫瘍性症候群決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級支給月から更新月までの支給総額:約390万円相談時の相談者様の状況お一人での来所は困難なため、ご主人様の背中に寄り添いながら歩行されていました。ご本人様は歩くこともままならないため、手続きが出来ず、ご主人様も在職中で手続きが出来ないためご依頼頂きました。 相談から請求までのサポート腫瘍により歩行障害が出ていたた 続きを読む >>

 >> 膀胱尿膜管癌・転移性多発肺腫瘍・脳幹部転移性脳腫瘍で障害厚生年金2級を取得、年間約168万円を受給できたケース

相談者男性(40代/会社員 )傷病名:膀胱尿膜管癌・転移性多発肺腫瘍・脳幹部転移性脳腫瘍決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級支給月から更新月までの支給総額:約168万円相談時の相談者様の状況身体のだるさに加えて血尿があったため受診しました。検査の結果、膀胱に癌細胞があると判明し手術を受けました。その後、肺の腫瘍、脳幹への転移が判明しました。癌の診断以降、治療のための入退院を繰り返していました。 続きを読む >>

<< 前の記事を見る