MENU

眼の障害(視力・視野障害)

眼の障害は、主に視力・視野障害について次の基準によって1級~3級が決まります。

1級 ・両眼の視力の和が0.04以下のもの
2級 ・両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの。
・I/2の視標で両眼の視野が5度以内のもの。
・両目の視野が10度以内で中心8方向の残存視野のそれぞれの角度が56度以下(←平成25年6月に追加されました。)
3級 ・両眼の視力が0.1以下に減じたもの。

補足

※視力の数値は、屈折異常のあるものは、眼科的に最も適正な常用し得る矯正眼鏡またはコンタクトレンズによって得られた矯正視力による数値、眼内レンズを挿入したものについては挿入後の矯正視力による数値により認定されます。

※矯正が不可能なものについては、裸眼視力により認定されます。

※両眼の視力とは、両眼視によって得られた視力ではなく、左右の視力を別々に測定したものをいいます。

※両眼の視力の和とは、左右の視力を別々に測定した数値を合算したものをいいます。

※視力障害と視野障害が併存する場合は、併合認定されます。

少しでも障害年金に該当する可能性があると思いになった方は専門家による障害年金受給診断チェックを申し込まれることをお勧めします。

障害年金受給診断は無料で行なっております。

「眼の障害(視力・視野障害)」の関連記事はこちら

手軽に診断 1分間受給判定

どの社労士に相談するか悩んでいる方へ

LINE
失敗しない 相談先選びのポイント
お客様の声
推薦者の声
障害年金勉強会(無料)開催中