MENU

自閉症スペクトラム

 >> 自閉症スペクトラム障害・ADHDで障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご本人様・お母様からご相談がありました。 障害年金の請求を行いたが、担当医師が代わったことやあまり障害年金にご理解がなく困っておられました。 相談から請求までのサポート 現在のご病状、日常生活状況を的確に診断して頂くため診断書参考資料を作成しましたが、出来上がった診断書はご本人様とお母様が感じている状況より軽度のものでした。 そのため、担当医師ではなく別の医師に相 続きを読む >>

 >> 自閉症スペクトラム障害、知的障害で障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 19歳の息子様のご相談にお父様からご相談いただきました。 生まれつき重度の知的障害と診断されており、20歳になるタイミングで障害年金の申請ができるようにしたいというご希望がありました。 お父様は仕事が多忙であったため、ご依頼いただきました。   相談から請求までのサポート 診断書を医師に作成いただくにあたり、幼少期からの症状について細かくまとめた資料を作成しまし 続きを読む >>

 >> 自閉症スペクトラムで障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 お母様より代理相談いただきました。 当初はお母様が手続きを進めようと考えており、受診状況等証明書の取得、現在の診断書の作成依頼も済んでいました。 しかし認定日の病院にて診断書依頼をした際、医師から病歴就労状況等申立書を持ってきてほしいと頼まれ、どのように作ったらいいのか悩みご相談いただきました。 相談から請求までのサポート 早速、病歴就労状況等申立書を作成しました 続きを読む >>

 >> 自閉症スペクトラム障害で障害基礎年金2級を取得、年間約138万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 お母様より相談があり、代理で面談にお越しいただきました。 幼少期からじっとしていられず、同級生とのコミュニケーションにも問題が生じていたそうです。 面談時に持参いただいた障害者手帳の傷病名には強迫性障害・社会不安障害と書かれていたため、このままでは障害年金に該当しない恐れが高いことをお伝えしました。 面談後、ADHDの検査を経て自閉症スペクトラム障害と診断されたため 続きを読む >>

 >> うつ病、自閉症スペクトラム障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 障害者雇用で就労が決まったものの収入が少なく、将来への不安が強くご家族様が障害年金のご相談に来られました。 相談から請求までのサポート 初診時の病院を転院してから、5年2ヶ月が経過していたためカルテが破棄されており初診日を証明することは容易ではありませんでした。 学生時、休学のため提出した書類が残っているか、学校に問い合わせたり、当時処方薬を調剤してもらった薬局に問 続きを読む >>

 >> 自閉スペクトラムで障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 お母様からお電話をいただき、面談にもお越しいただきました。 幼い頃から人見知りが激しく、新しいことに対応することが苦手な様でした。 大学卒業後は、アルバイトをすることもなく自宅にこもっていましたが、心配したお母様が嫌がるご本人様を連れて精神科を受診しました。 診断の結果自閉スペクトラムと診断されました。 現在も薬物治療を継続していますが、こだわりの強さ、融通が利か 続きを読む >>

 >> 自閉症スペクトラム障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 出生時に先天性の疾患を指摘されることはありませんでした。 保育園に入園後、食事や着替えに時間がかかっていましたが、ご家族は本人の性格や意識の問題と認識していました。 小学校入学以降、文字が書けない、マスからはみ出してしまうといった学習面の遅れや言葉のコミュニケーションがうまく取れず同年代の子と打ち解けられないといったことがあり、医療機関を受診。 検査の結果、アスペル 続きを読む >>

 >> 自閉症・知的障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 幼少期より多動・奇声を発する、物事への偏ったこだわりがあり、自閉的障害児との判定を受け通院していました。 就学後も文章理解や物事の説明ができず、大学病院で言葉の指導を受けます。 高校卒業後からはパート勤務で清掃や食器洗いといった限定的な仕事を行っていますが、人との対話ができず、パニックを起こしたり物を壊すといった行動を繰り返している状況でした。 相談から請求までのサ 続きを読む >>

 >> 自閉症スペクトラム障害・注意欠陥障害・うつ病で障害厚生年金2級を取得、総額296万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご本人様からお電話をいただきました。 ご自身で診断書の依頼まで進めておられたので来所時に診断書をお持ちいただきました。 お話を伺ったところ内容は実態に即したもので2級が見込めると判断しました。 体調の悪化もあり病歴就労状況等申立書の作成や年金事務所に足を運ぶことが難しいとのことでご依頼いただきました。 相談から請求までのサポート 診断書には請求日前3ヶ月という期 続きを読む >>

 >> 自閉症スペクトラムで障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 出生時に先天性の疾患を指摘されることはありませんでした。 就学後は授業中や休憩時間に空想にふけることが多く、友達との約束を守らずに勝手に行動するといったことから周囲から変わった人だと思われていました。 中学校のときにあったいじめや勉強の遅れが原因で頭痛になり、受診。 投薬治療を行います。 専門学校中退後にアルバイトをはじめましたが、口頭での指示が理解出来ず退職。 続きを読む >>

<< 前の記事を見る