MENU

労災

 >> 頚髄症で障害厚生年金2級を取得、年間約248万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/教員) 傷病名:頚髄症 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 相談時の相談者様の状況 柔道部の練習中に生徒と一緒に倒れ、右腰部を打撲。 痛みが引かず悪化したため受診しました。その後、一過性の意識消失で転倒し、頸部痛が現れました。 腰からくる神経痛と思い病院を転々とするも症状が改善しません。 痛みが続き歩行困難な状況となったため、再度レントゲン、MRIを撮影 続きを読む >>

 >> 中心性頸髄損傷で障害厚生年金2級を取得、年間約125万円を受給できたケース

相談者 男性(30代/無職) 傷病名:中心性頸髄損傷 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 支給月から更新月までの支給総額:約447万円 相談時の相談者様の状況 ご本人から電話でご予約いただき、後日ご両親と一緒に事務所へお越しいただきました。 業務中にトラックの荷台から落ちて首を強打し救急搬送されたそうです。 リハビリを継続しましたが左半身に麻痺が残り、面談の時点では杖を 続きを読む >>

 >> 交通事故による右上肢機能全廃で障害厚生年金2級を取得、年間約115万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/会社員) 傷病名:交通事故による右上肢機能全廃 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 支給月から更新月までの支給総額:約373万円 相談時の相談者様の状況 ご相談者様は外出が困難な状態のため、お母様が代理でご来所下さいました。 ご相談者様は通勤途中で交通事故に遭い、右上肢機能全廃の障害状態となりました。 度重なる手術やリハビリを継続するも右上肢機能の回 続きを読む >>

 >> 人工関節(右大腿骨頸部骨折)で障害厚生3級を取得、総額約143万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/会社員) 傷病名:右大腿骨頚部骨折・右骨盤部打撲傷 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 1年6ヶ月遡及額:約143万円 相談時の相談者様の状況 はじめにメールでご相談いただき、後日無料相談にお越しいただきました。 通勤中に事故にあわれ、人工股関節の挿入術を受けられました。 術後の状態は良好でしたが、お仕事があるため、年金事務所や病院に足を運ぶ時間を取るこ 続きを読む >>

 >> 左頸髄不全損傷で障害厚生年金3級を取得、年間約73万円を受給できたケース

相談者 男性(40代/会社員) 傷病名:左頸髄不全損傷 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 支給月から更新月までの支給総額: 約190万円 相談時の相談者様の状況 仕事で車の運転中、後続車に追突されました。 左半身が麻痺状態になり歩行や用便等日常生活に支障をきたしています。 現在も毎日整形外科に通院し理学療法による治療を続けています。   相談から請求までのサポ 続きを読む >>