MENU

HIV・AIDS

 >> 後天性免疫不全症候群で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 他の社労士事務所の先生にご紹介いただきました。 ご自身で受診状況等証明書と診断書を取得の上、来所されました。 年金事務所へ通うことと、病歴・就労状況等申立書の作成が困難だとのことでご依頼いただきました。   相談から請求までのサポート 持参いただいた診断書を確認したところ、必須項目に記載がされていない箇所がありましたので、追記の依頼からサポートさせていただきまし 続きを読む >>

 >> 後天性免疫不全症候群で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 発熱と口内炎で受診。 その後月に1、2度の発熱や咳がありましたが、市販の風邪薬で治していました。 3年後発熱と咳が止まらない状態で呼吸困難になり緊急入院。 精密検査の結果HIV感染症と診断されました。 現在は抗HIV療法を受けながら自宅療養中です。 全身に倦怠感があり体を動かすとすぐ発熱してしまい、腰痛や関節痛にも悩まされています。   相談から請 続きを読む >>