MENU

感音性難聴

 >> 感音性難聴で障害基礎年金1級を取得、年間約120万円を受給できたケース

相談者 女性(50代/無職) 傷病名:感音性難聴 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 相談時の相談者様の状況 幼稚園の時に話が聞こえていないことに先生が気づき、病院で検査を受けるように勧められました。 検査の結果、難聴だと判明。 以後補聴器をつけて生活しています。 周りの人の配慮により学生生活は普通学級ですごしました。 就職してからは上司の指示や電話の声が聞き取れないといっ 続きを読む >>

 >> 両側感音性難聴で障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談者 女性(50代/主婦) 傷病名:両側感音性難聴 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 支給月から更新月までの支給総額:約190万円 相談時の相談者様の状況 ご主人様からお電話をいただき、後日ご本人様とご主人様で無料相談にお越しいただきました。 なんとなく耳の聞こえが悪くなり集音器をつけましたがすぐに聞こえなくなり補聴器を作成。 補聴器でも聞きとりにくいことが多くなってしま 続きを読む >>

 >> 両側感音難聴で障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受給できたケース

相談者 女性(50代/無職) 傷病名:両側感音難聴 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 支給月から更新月までの支給総額: 約450万円 相談時の相談者様の状況 3歳のとき耳の聞こえが悪いことに母親が気づいて受診。 感音性難聴と診断され補聴器をつけ始めました。 治療しても効果がないことから高校卒業後は医療機関を受診していませんでした。 その後結婚し16年ぶりに受診したところ聴 続きを読む >>

 >> 重度難聴で障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受給できたケース

相談者 男性(20代/会社員) 傷病名:重度難聴 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 年間支給額: 約98万円 相談時の相談者様の状況 2歳になっても言葉の出ない状態を心配した両親が耳鼻科に連れて行き、感音性難聴と診断されました。 父親が人工内耳のことを知り、4歳のとき装着手術を施行。 その後少しずつ言葉を覚え始め、現在は聾学校を経て障害者雇用で仕事をしています。   続きを読む >>

 >> 感音性難聴で障害基礎年金1級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談者 女性(20代/無職) 傷病名:感音性難聴 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 年間支給額: 約100万円 相談時の相談者さまの状況 三歳の頃髄膜炎にかかりその影響で感音性難聴となってしまいました。 聾学校高等部を卒業後大学に進学しますが、難聴者に対するケアが不十分であった為単位をとることができず中退。 補聴器をつけていますが話かけられても聞き取る事ができず会話にも苦労 続きを読む >>