MENU

後縦靭帯骨化症・ 黄色靱帯骨化症

 >> 黄色靭帯骨化症で障害厚生2級を取得、年間約180万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様は介護職員として高齢者の入浴介助等、重労働に従事していました。 足の痺れを感じ始めた当初は職業病かと思われていたそうですが、徐々に症状が悪化し、勤務に支障をきたすようになりました。 近所の整形外科を受診しましたが症状は改善せず、2件目の病院で難病である「黄色靭帯骨化症」と診断されました。 日に日に症状が悪化していき、松葉杖や車椅子が必須となりました。 勤 続きを読む >>

 >> 後縦靭帯骨化症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご本人様とご友人が無料相談に来られました。 4年ほど前に手の痺れや首の違和感があり受診しました。 腱板損傷の疑いを受け精密検査を行った結果、頚椎後縦靭帯骨化症と診断されました。 後方除圧固定術を受け、現在も月1回の通院をしていますが、脊髄症状は遺残し、握力の低下により日常生活に支障もきたしています。 症状は悪化の可能性があるため、将来への不安を抱えていらっしゃいま 続きを読む >>