MENU

血液・造血器疾患による障害

平成29年12月1日から血液・造血器疾患の障害認定基準が改正されました

平成29年12月1日から、障害年金の審査に用いる血液・造血器疾患の障害認定基準を一部改正されました。
改正のポイントは以下のとおりです。

  1. 主な疾患の分類区分に応じた検査項目の見直し
  2. 造血幹細胞移植についての規定の追加

※改正に関してのパンフレットを
見たい方はこちらをクリックして下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新の血液・造血による障害の認定基準

最新の血液・造血による障害の認定基準は

こちらをクリックして下さい

 

「血液・造血器疾患による障害」の関連記事はこちら

手軽に診断 1分間受給判定

LINE

どの社労士に相談するか悩んでいる方へ

失敗しない 相談先選びのポイント
お客様の声
推薦者の声推薦者の声
障害年金勉強会(無料)開催中