MENU

24時間酸素療法

 >> 肺がん・COPD(慢性閉塞性肺疾患)で障害厚生年金2級を取得、年間約150万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様は肺がんで右肺を摘出したということでご相談にいらっしゃいました。 手術後は禁煙されましたが長年1日20本の喫煙習慣があり、残された左肺が高度肺気腫の状態で、24時間在宅酸素療法を受けられているということでした。 障害認定基準では24時間在宅酸素療法を実施している事実により障害等級3級が認定されますが、肺気腫の重症度から上位等級の2級を希望されていました。 続きを読む >>

 >> 肺動脈性肺高血圧症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 幼児期にけいれん発作を起こし救急搬送され、てんかんの疑いと診断されました。 精密検査の結果、肺動脈性高血圧症と判明し治療を開始しました。 運動はできず遠足や修学旅行は酸素ボンベを携行していました。 わずかな動作でも息切れが起き、横になって過ごすことしかできないため就職も断念し、母親の援助を受けながら生活しています。 相談から請求までのサポート ご相談者様は幼少時 続きを読む >>