MENU

障害年金

 >> 脳出血で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 自宅で脳出血を発症し、救急搬送されました。 リハビリテーションを行いましたが、半身マヒが残りました。自営業で美容室を幾つか経営されていましたが、ご自身でお客様を担当することが出来なくなり、店舗を減らさなければならないご状況でした。 相談から請求までのサポート 日常生活の動作についてご本人様から詳しくお伺いしました。 参考資料に纏めて診断書作成時の参考にしていただき 続きを読む >>

 >> 統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 お母様よりご相談いただき、面談にお越しいただきました。 この方は予備校講師を目指し勉学に励んでいたところ、不眠や気分の落ち込みといった症状が現れたため医療機関を受診しました。 当初は自律神経失調症と診断をされていましたが、その後病状は悪化の一途をたどり、自宅から外出できないほどになってしまいました。 このため一時通院できない時期もありましたが、現在は通院し服薬を続け 続きを読む >>

 >> 統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 お母様からお電話をいただきました。 息子さんは中学校の時に不登校になり、精神的に不安定になっていたそうです。 父親と一緒に医療機関を受診し適応障害と診断されたそうです。 その後、何度か転院をされています。 将来的に手続きをすることがあるかもしれないので、制度や手続きの全般についての相談を希望されお越しいただきました。 相談から請求までのサポート  受診状況等証 続きを読む >>

 >> 高次脳機能障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 妹さんからお電話をいただき、後日無料相談にお越しいただきました。 お姉様は突然意識をなくし、救急搬送された後にくも膜下出血と診断され即日入院されたそうです。 退院後はこれまでと比べて意欲の低下が著しく、周囲のことに無関心になっていたそうです。 自分から何かをすることはなく、喜怒哀楽もなくなってしまったという状態でした。 精神科を受診したところ、高次脳機能障害と診断 続きを読む >>

 >> 人工透析(慢性腎不全)で障害基礎年金2級を取得、さかのぼりで200万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご本人よりお電話をいただきました。 ご自身で手続きを進めようと、市役所で書類一式を受け取っておりました。 書類の多さに困惑したことと、初診の病院が廃院していることから、不安になり無料相談にお越しいただきました。 相談から請求までのサポート  慢性腎不全で手続きをする場合、糸球体腎炎が認められた場合は相当因果関係ありとして糸球体腎炎について診療を受けた日が初診日とし 続きを読む >>

 >> 広汎性発達障害・知的障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 お母様から電話でご相談いただきました。 娘さんは小学生の時に生活面の問題や学業面で遅れが見られたため病院を受診したところ、発達障害の疑いがあると診断されたそうです。 医師からは環境を整えるよう指示され、薬の処方もなかったそうです。 20歳を迎えるにあたって障害年金の手続きをするにはどうしたら良いのか相談にお越しいただきました。 相談から請求までのサポート 障害年 続きを読む >>

 >> 広汎性発達障害・双極性障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 肢体の障害があり、障害厚生年金3級を受給中です。 しかし幼少期からチック症状(首振り)があり、病院に通院していました。 被害妄想やコミュニケーション能力の低さから仕事も続けることが出来ず短期間での退職を繰り返しています。 こうした状況の中精神での障害での申請が可能なのではないかと考えご相談にみえました。   相談から請求までのサポート この方が初めて受診をした 続きを読む >>

 >> 広汎性発達障害・ADHDで障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況  幼い頃から常に動きまわり、落ち着きのない子どもでした。 学校は普通学級に在籍しましたが、同級生との交流がなく、生活面もルーズで「変わった人」という扱いを受けていました。 AO入試で大学に進学しましたが、提出物を期限内に出すことができず卒業するのにも苦労しました。 就職できなかったため就業支援活動に参加した際、かなり厳しい口調で不採用を言い渡されたため引きこもりがち 続きを読む >>

 >> うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

経  過 6年前、勤務していた会社での過重労働や人間関係などによりうつ状態になった。2か月程度の休職の後、就労不可能のため退職。 不眠、不安、焦燥感といった症状がみられた。 その後精神科を受診し、うつ病と診断され、月1回の通院と投薬を継続しているがなかなか改善しない。 対人恐怖のため他人と会話をすることができず、人の多いところに行くと冷や汗でびっしょりになる。そのため通院以外は外出すること 続きを読む >>