MENU

障害基礎年金

 >> 脳出血で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 自宅で脳出血を発症し、救急搬送されました。 リハビリテーションを行いましたが、半身マヒが残りました。自営業で美容室を幾つか経営されていましたが、ご自身でお客様を担当することが出来なくなり、店舗を減らさなければならないご状況でした。 相談から請求までのサポート 日常生活の動作についてご本人様から詳しくお伺いしました。 参考資料に纏めて診断書作成時の参考にしていただき 続きを読む >>

 >> 統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 お母様よりご相談いただき、面談にお越しいただきました。 この方は予備校講師を目指し勉学に励んでいたところ、不眠や気分の落ち込みといった症状が現れたため医療機関を受診しました。 当初は自律神経失調症と診断をされていましたが、その後病状は悪化の一途をたどり、自宅から外出できないほどになってしまいました。 このため一時通院できない時期もありましたが、現在は通院し服薬を続け 続きを読む >>

 >> 統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 お母様からお電話をいただきました。 息子さんは中学校の時に不登校になり、精神的に不安定になっていたそうです。 父親と一緒に医療機関を受診し適応障害と診断されたそうです。 その後、何度か転院をされています。 将来的に手続きをすることがあるかもしれないので、制度や手続きの全般についての相談を希望されお越しいただきました。 相談から請求までのサポート  受診状況等証 続きを読む >>

 >> 気分変調症で障害基礎年金2級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご本人様よりお電話でご相談いただき、後日ご夫婦で無料相談会へお越しいただきました。 この方は前夫からのDV被害でうつ病を発症し、さらにその後身近な方を亡くされ症状がさらに重症化したことで、日常生活全般を夫・娘が行っていました。 自身で日常生活を送れないほどの状態だったため、ご自身での手続きは難しいと判断され、ご依頼いただきました。 相談から請求までのサポート この 続きを読む >>

 >> 統合失調症で障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様ご本人は15年以上精神科病棟に入院中ということで、弟様がご相談にいらっしゃいました。 ご本人様に幻聴・幻覚の症状が現れたのは今から40年程前のことでした。 当時、高校生で近所迷惑になるような奇行が目立ったため、お母様の判断で近所でも有名な精神科専門病院を受診したそうです。 40年前は精神疾患に対する偏見が強く、お母様は夫(ご本人様の父親)にも病院受診のこと 続きを読む >>

 >> てんかん・中等度知的障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース 

相談時の相談者様の状況 お母様よりお電話をいただき後日無料相談にお越しいただきました。 娘さんは4歳の頃からてんかんの発作に悩まされていました。 服薬では発作のコントロールができず、日常生活に大きな支障を抱えていたそうです。 現在は障害者雇用で周囲の配慮を受けながらなんとか就労をしていますが、いつまで続けられるか非常に不安であるとのことでした。 何か支援を受けられないかと探していてところ 続きを読む >>

 >> 高次脳機能障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 妹さんからお電話をいただき、後日無料相談にお越しいただきました。 お姉様は突然意識をなくし、救急搬送された後にくも膜下出血と診断され即日入院されたそうです。 退院後はこれまでと比べて意欲の低下が著しく、周囲のことに無関心になっていたそうです。 自分から何かをすることはなく、喜怒哀楽もなくなってしまったという状態でした。 精神科を受診したところ、高次脳機能障害と診断 続きを読む >>

 >> 双極性障害・障害認定日請求で障害基礎年金2級を取得。卵巣がんに対する化学療法による末梢神経障害・事後重症請求で障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 卵巣がんの抗がん剤治療で末梢神経障害を患い、歩行や日常生活にも支障をきたしていました。 がんに対する不安から精神的なダメージも大きく、双極性障害の診断も受けていました。 相談から請求までのサポート  2つの病気で同時に障害年金を請求することにしました。 障害認定日時点では末梢神経障害を呈していなかったため、双極性障害だけで認定日請求を行いました。 事後重症請求で 続きを読む >>

 >> 脳出血で障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 同居している母親の声掛けに反応せず、救急車で搬送。重度の障害が残り、介護が必要な状態となりました。 そのため、弟さんが代わりに相談に来られました。 相談から請求までのサポート 脳血管障害による障害認定日の特例でのお手続きを行うことにしました。 そのため、医師に診断書の注意事項をまとめてお渡ししました。 結果  脳出血で障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受 続きを読む >>

 >> うつ病・発達障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 お母様からお電話をいただき、後日、ご本人様と2人で無料相談にお越しいただきました。 19歳の頃に精神的に不安になり、医療機関を受診されたそうです。 気分変調症・発達障害の疑いがあると診断され、薬の処方を受けました。 服薬をしても、症状に改善が見られなかったので自己判断で通院をされたそうです。 その後2年ほどは自宅に引きこもるような状態でした。 最近になって症状の 続きを読む >>

<< 前の記事を見る