MENU

就労移行支援事業所通所中

 >> 広汎性発達障害、躁うつ病(神経発達症を背景とした双極性障害)で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様が通所されている就労移行支援事業所の支援員の方からご相談を頂きました。 事業所の顧問社労士の先生に相談したところ、当センターを紹介されたと言うことでした。 ご相談者様は幼少時より集団行動や整理整頓が苦手で、生活の中に独自のルールを設けるなどこだわりの強い一面がありました。 高校生頃から家族との関係が悪化し、携帯を折ったり、扉や壁を蹴破ったり、暴力的な衝動を 続きを読む >>

 >> 広汎性発達障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様は幼少時より集団行動や整理整頓が苦手で、落ち着きがなく大きな怪我が多いお子さんでした。 就職後も接客の仕事がスムーズに出来ず、ミスを連発しては泣き出してしまうことが度々あったそうです。 その後、ストレスからリストカットを繰り返すようになり仕事を退職。 インターネットで発達障害の情報に行き着き、病院を受診されたそうです。 その後、就労移行支援事業所に通所し 続きを読む >>

 >> 広汎性発達障害・注意欠陥多動性障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 就労移行支援事業所よりご紹介いただき、相談にお越しいただきました。 幼少期から人間関係で躓くことが多く、就労をしても周囲とのコミュニケーションが上手くいかず短期間で退職に至っていました。 現在就労移行支援事業所に通所していますが、訓練を受けても会社から契約更新してもらえないなど、日常生活にも就労にも支障をきたしている状態でした。 相談から請求までのサポート ご自身 続きを読む >>

 >> うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約129万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 睡眠不足による疲労感・倦怠感が取れないため医療機関を受診したところ、不眠症と診断されました。 その後、転職したことを機に不眠・倦怠感・希死念慮が悪化。 意欲低下などの抑うつ症状が出始め、うつ病と診断されました。 現在は定期外来通院にて薬の処方を受けながら経過観察を続けており、日常生活全般に困難がある状況です。   相談から請求までのサポート 初診日の頃から約1 続きを読む >>