MENU

その他がん

 >> 結節硬化型古典的ホジキンリンパ腫で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご相談者様は在職中、右脚の付け根が腫れ出しました。 次第にコブ状に大きくなり立ち仕事や歩行に影響が出始めたため、自宅近くの総合病院の皮膚科を受診しました。 精査の結果、悪性リンパ腫の疑いが指摘され、大学病院に紹介転院し抗癌剤治療を開始しました。 一時、病状は安定していましたが1年半経過後に再発と転移を認め再度抗癌剤治療を実施することになりました。 その後、自家末梢 続きを読む >>

 >> 双極性感情障害と左上顎癌で障害厚生年金2級を取得、年間150万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 平成21年2月頃より、うつ病状態に陥り、同年4月より病院で診察を受けました。 その後、うつ症状ではあるものの、勤務を継続してはいたが、左上顎癌が発見され手術をし、抑うつ症状が悪化し、後遺症で言葉がはっきり聞き取れず日常の会話にも苦労されているようでした。 やる気が出ない、人に会いたくない、などの症状が現れ、双極性感情障害と診断されました。   相談から請 続きを読む >>

 >> 下咽頭癌で障害基礎年金2級を取得、年間約80万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 のどの調子がおかしく違和感があるため受診。 ファイバースコープにより下咽頭癌が発見されたため、咽頭全摘手術を受けました。 このため言葉を発することができなくなってしまいました。 現在も入院中で日常会話が全く不可能な状況に加え味覚、嗅覚もなくなり生活に支障をきたしています。   相談から請求までのサポート 入院中のご本人に代わり、ご主人と相談手続きを進 続きを読む >>