MENU

ICD(心室細動)

 >> 僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁閉鎖不全症、完全房室ブロックで障害厚生年金3級を取得、総額約312万円を受給できたケース

相談者 男性(40代/無職) 傷病名:僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁閉鎖不全症、完全房室ブロック 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 5年遡及総額:約312万円 相談時の相談者様の状況 ペースメーカーを挿入していることからご相談いただきました。 挿入後の状態も芳しくなく、動悸・息切れ・胸の痛みなどの症状があり、仕事にも支障をきたしていました。 その後会社を退職してからは就職活動をしているものの、 続きを読む >>

 >> 心室細動で障害厚生年金3級を取得、総額約412万円を受給できたケース

相談者男性(50代/会社員)傷病名:心室細動決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級3年遡及額:約412万円相談時の相談者様の状況会社の健康診断にて陳旧性心筋梗塞で要経過観察と指摘されていました。6年後、通勤前に強い疲労感に襲われ、体が思うように動かなかったため、産業医がいる病院を受診。急性心筋梗塞と診断され、即時入院しました。カテーテル血行再建術を受け、一時症状が安定しましたが、心室細動を発症し 続きを読む >>

 >> 心肺停止蘇生後心室細動で障害厚生年金3級を取得、総額約114万円を受給できたケース

相談者男性(20代/会社員)傷病名:心肺停止蘇生後心室細動決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級約2年遡及額:約114万円相談時の相談者様の状況ご本人よりお電話でご相談いただき、後日無料相談会へご参加いただきました。ランニング中に意識を消失、心肺停止状態となり救急搬送されたそうです。2週間後にICD植込み術を受けておられましたので障害等級3級に該当します。初診日の証明も問題なさそうでしたので、確 続きを読む >>

 >> 心室頻拍で障害厚生年金3級を取得、年間約94万円を受給できたケース

相談者男性(50代/会社員)傷病名:心室頻拍決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級支給月から更新月までの支給総額:約230万円相談時の相談者様の状況犬の散歩中に急に苦しくなり、救急搬送されました。急性心筋梗塞の診断を受け投薬治療をうけました。その後も経過観察していましたが、動悸がひどく再度緊急入院となり心室頻拍と診断。カテーテル手術を施行しました。現在は月に一度ICDのチェックのため通院を続けて 続きを読む >>

 >> 拡張型心筋症で障害厚生年金2級を取得、年間約120万円を受給できたケース

相談者 男性(40代/無職) 傷病名:拡張型心筋症 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 年間受給額: 約120万円相談時の相談者様の状況動悸、息切れ、倦怠感などが現れ始め受診。検査の結果虚血性拡張型心筋症と診断されCRT-D植え込み手術を受けました。体調不良のため就労が困難になったため現在は退職し、自宅療養中です。相談から請求までのサポート面談はCRT-D植え込み手術直後ということもあり、ま 続きを読む >>

 >> ブルガダ症候群で障害厚生年金3級を取得、総額430万円を受給できたケース

相談者  男性(50代/会社員)  傷病名:ブルガダ症候群(心室細動)  決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級  4年遡及額: 約 430万円   相談時の相談者様の状況 突然意識を失い倒れ、救急搬送されブルガダ症候群と診断されます。致死的不整脈が容易に誘発される状態だったためICDを移植しました。 現在は経過観察のため定期的に通院しています。電磁波の出ている場所には行かなくて良いなどの配慮 続きを読む >>

 >> 突発性拡張型心筋症で障害厚生年金2級を取得、年間約210万円を受給できたケース

相談者  男性(30代/無職)  傷病名:突発性拡張型心筋症  決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級  支給月から更新月までの支給総額: 約550万円   相談時の相談者様の状況  夜間になると呼吸が苦しくなるようになり、息苦しさのため受診。              心不全と診断され即日入院になりました。その後も投薬等の治療を受けましたが徐々に悪化したためCRT-D(両室ペーシング機能付き 続きを読む >>

 >> 肥大型心筋症で障害厚生年金2級を取得、年間170万円を受給できたケース

相談者 男性(40代)/無職傷病名:肥大型心筋症決定した年金種類と等級:障害厚生年金 2級支給月から更新月までの総支給額:約170万円   相談時の相談者様の状況 会社の健康診断にて心機能障害があると指摘されました。仕事が三交代勤務で忙しく、また病気を甘く見ていたため受診しませんでした。その後、動悸、めまいなどの症状が現れており、肥大型心筋症と診断されました。 突然死の危険があるため、 続きを読む >>

 >> ICDで障害厚生年金3級を取得、年間81万円を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員傷病名: 心室細動決定した年金種類と等級:障害厚生年金 3級支給月から更新月までの総支給額:年間受給額:81万円 約2年間遡及合計額:140万円   相談時の相談者様の状況 入浴中、胸の辺りがジーンと苦しくなり、立ち止まることがありました。 年齢のせいかと思っておりましたが、職場にて心配停止となり病院に緊急搬送。 10日間意識不明であったが命は取り留めまし 続きを読む >>