MENU

身体障害-その他

 >> 右大腿骨顆上開放骨折、右上腕遠位粉砕骨折、右撓骨神経麻痺、右尺骨骨折、右脛骨近位端骨折で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者 男性(30代/無職) 傷病名:右大腿骨顆上開放骨折、右上腕遠位粉砕骨折、右撓骨神経麻痺、右尺骨骨折、右脛骨近位端骨折   相談時の相談者様の状況 通勤中に事故に遭い、後遺症が残りました。 歩行もままならず、面談に来所できないため郵便・お電話でのやり取りで障害年金手続きをご依頼いただきました。   相談から請求までのサポート 面談時に事故当時から現在までの状況を詳しくヒアリ 続きを読む >>

 >> パーキンソン病で障害基礎年金2級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談者 女性(40代/無職) 傷病名:パーキンソン病 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級   相談時の相談者様の状況 ご本人様から障害年金とはどのような制度なのかとご質問のお電話を最初にいただきました。 お電話で詳細をお話したのち、当センターにご来所頂くことになりました。 しかし、ご体調が安定せず、予約時間にはご来所出来ませんでしたが数時間後、症状である震えが収まったタイミングを見計らいご来 続きを読む >>

 >> 二分脊椎で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者 女性(40代/無職) 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級   相談時の相談者様の状況 出生児に二分脊椎、水頭症の診断を受け、シャント手術を受けました。 幼少期より排尿排便の自己管理のための指導や両足内反足のためのリハビリや歩行訓練を受けていたそうです。 養護学校を経て就職されましたが、数年前より両足の筋力の低下が著しく杖なしでの歩行が困難となったそうです。 相談から請求までのサポート 続きを読む >>

 >> 人工透析(腎硬化症)で障害厚生2級を取得、さかのぼりで約280万円を受給できたケース

相談者 男性(50代/会社員) 傷病名:腎硬化症 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級(年間約170万円受給) 相談時の相談者様の状況 1年ほど前から腎硬化症により人工透析を開始しておりました。 お仕事が忙しく年金事務所へ行く時間もなかなか取れないことと、書類の多さ等お一人で手続きすることが難しいということでご相談にお越しいただきました。 相談から請求までのサポート 体調に異変を感じ始めて受診 続きを読む >>

 >> パーキンソン病で障害基礎年金2級を取得、総額約470万円を受給できたケース

相談者男性(40代/会社員)傷病名:パーキンソン病決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級5年遡及額: 約470万円相談時の相談者様の状況右上下肢の使いづらさ、震えといった症状が現れ受診しました。検査の結果、若年性パーキンソン病と診断され投薬治療を行いました。現在も定期的に通院して投薬治療を行っていますが、薬が切れると歩行も難しく、日常生活に大きな支障をきたしています。相談から請求までのサポート初 続きを読む >>

 >> 気管支喘息で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者女性(30代/会社員)傷病名:気管支喘息決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級支給月から更新月までの支給総額:約135万円相談時の相談者様の状況以前からアレルギー鼻炎がありましたが、日常生活に支障をきたすことはありませんでした。風邪をきっかけに呼吸が苦しくなるといった喘息の症状が現れたため、受診。気管支喘息と診断され、投薬治療後に一度は症状が落ち着きました。しかし再度風邪を引いたことから再 続きを読む >>

 >> 頚髄症で障害厚生年金2級を取得、年間約248万円を受給できたケース

相談者男性(50代/教員)傷病名:頚髄症決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級相談時の相談者様の状況柔道部の練習中に生徒と一緒に倒れ、右腰部を打撲。痛みが引かず悪化したため受診しました。その後、一過性の意識消失で転倒し、頸部痛が現れました。腰からくる神経痛と思い病院を転々とするも症状が改善しません。痛みが続き歩行困難な状況となったため、再度レントゲン、MRIを撮影したところ、椎間板ヘルニアによる 続きを読む >>

 >> 線維筋痛症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者女性(20代/無職)傷病名:線維筋痛症決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級支給月から更新月までの支給総額:約241万円相談時の相談者様の状況ご本人よりお電話でご相談いただき、後日無料相談会にご参加いただきました。 相談から請求までのサポート線維筋痛症は、障害年金の認定が困難な疾患とされており、専用の照会様式があります。重症度を表すステージ1から5までの分類となっており、ステージが審査に大 続きを読む >>

 >> 急性大動脈解離で障害厚生年金3級を取得、総額約238万円を受給できたケース

相談者男性(50代/無職)傷病名:急性大動脈解離決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級2年遡及金額:約238万円相談時の相談者様の状況自宅で就寝中、呼吸困難、胸部激痛とともに左上下肢に麻痺があったため、救急搬送されました。検査の結果、右大脳半球多発脳梗塞と診断されます。その後、行大動脈起始部から左総腸骨動脈におよぶ解離を指摘され、人工血管置換術を受けました。その際、脳梗塞も合併発症し、左片麻痺と 続きを読む >>

 >> 後天性免疫不全症候群で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者男性(50代/無職)傷病名:後天性免疫不全症候群決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級支給月から更新月までの支給総額:約98万円相談時の相談者様の状況他の社労士事務所の先生にご紹介いただきました。ご自身で受診状況等証明書と診断書を取得の上、来所されました。年金事務所へ通うことと、病歴・就労状況等申立書の作成が困難だとのことでご依頼いただきました。 相談から請求までのサポート持参いただいた診 続きを読む >>

<< 前の記事を見る