MENU

脳疾患・その他

 >> 交通事故による脳挫傷で障害基礎年金2級を取得、さかのぼりで約163万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 交通事故で頭を激しく打ったことによって高次脳機能障害となり、言葉も以前のようには話せなくなってしまったとご主人が相談にいらっしゃいました。 治療方針に納得がいかなかったことが原因で、何箇所かの病院を受診なさっていました。 相談から請求までのサポート 認定日時点に通院していた病院の医師に診断書の作成を断られてしまったため、認定日から3か月以内の期間に通院していた病院の 続きを読む >>

 >> 脳疾患、脳損傷で障害厚生年金3級を取得、年間約86万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 交通事故に遭い、救急搬送されました。 脳挫傷、急性硬膜下血腫、外傷性くも膜下血腫、頭蓋骨骨折でした。 事故の後遺症で高次脳機能障害が起こり記憶力の低下に悩まされています。 現在は勤務先の手厚い配慮により負担の少ない業務に配置換えをしてもらい仕事を続けています。   相談から請求までのサポート まず救急搬送された病院で受診状況等証明書を取得しました。 障害認定 続きを読む >>

 >> 脳腫瘍で障害厚生年金3級を取得、年間約140万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況  突然ろれつが回らなくなり、よだれが垂れるなどの症状が現れました。すぐに循環器内科を受診。その日のうちに脳神経外科に紹介受診。MRI検査の結果脳腫瘍と診断され手術を受けました。左半身の麻痺が現れ、杖がなければ歩くことも出来ないため現在は休職して療養しています。   相談から請求までのサポート  最初にメールで相談を受けたときには、ご自宅から事務所まで行くのは困難との 続きを読む >>

 >> ウィルス性脳炎、髄膜炎で障害厚生年金1級を取得、年間約280万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況  頭痛と発熱により内科を受診。その後激しい頭痛が起きたため救急車で搬送されました。 髄膜炎と診断され保存的加療を受けましたが下半身の麻痺、両腕の指に力が入らない等が現れ、日常生活に支障をきたしています。 リハビリを続けていますが症状の改善はみられず、会社も休職中です。   相談から請求までのサポート  ご本人は歩行不可能のため、奥様が車いすを押しなが 続きを読む >>