MENU

線維筋痛症

 >> うつ病・線維筋痛症で障害厚生年金1級を取得、年間約297万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 相談者様は「線維筋痛症」と「うつ病」により長年勤務された金融関係の仕事を続けることができなくなり退職に至りました。 初回無料相談時には傷病手当金を受給中でしたが、生活費の他お子様二人の学費負担があるため、傷病手当金から障害年金へのスムーズな移行を希望されてご相談にいらっしゃいました。 相談から請求までのサポート 「線維筋痛症」の患者様は確定診断が下るまでに様々な医療 続きを読む >>

 >> 線維筋痛症・気分変調症で障害基礎年金2級を取得、年間約101万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご本人よりお電話でご相談いただき、後日無料相談にお越しいただきました。 お会いして詳しくお話しを伺ったところ、15年程前から意欲低下や著しい体重の減少などの症状が出ており精神科に通院していたそうです。 また5年程前から全身を襲う慢性的な痛みが出現し線維筋痛症と診断を受け治療を継続していました。   相談から請求までのサポート 線維筋痛症のケースで特に重要なのが重 続きを読む >>

 >> 線維筋痛症・うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 同居の姑との関係に悩まされていました。 狭いところや人混みに行くと呼吸困難や動悸が現れるようになりました。 精神科を受診したところパニック障害と診断されました。 定期的に通院し、投薬を受けていましたが抑うつ症状が強くなりうつ病としての治療を開始。 最終的にはストレスから声が出ない状態になってしまったため姑との別居を決意。 現在も通院を続けていますが、精神的な落ち 続きを読む >>

 >> 線維筋痛症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談時の相談者様の状況 ご本人よりお電話でご相談いただき、後日無料相談会にご参加いただきました。   相談から請求までのサポート 線維筋痛症は、障害年金の認定が困難な疾患とされており、専用の照会様式があります。 重症度を表すステージ1から5までの分類となっており、ステージが審査に大きな影響を及ぼします。 そのため、医師に正しく診断書を記載していただくための参考資料を作成し、ご本人から医 続きを読む >>