MENU

多系統萎縮症

 >> 多系統萎縮症で障害厚生年金3級を取得、年間約75万円を受給できたケース

相談者 女性(50代/無職)傷病名:多系統萎縮症決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級遡及決定: 約200万円   相談時の相談者様の状況 5年ほど前からめまいや身体のふらつきを感じるようになり受診。進行性の難病である脊髄小脳変性症(多系統萎縮症)と診断されました。月1回通院し、投薬治療を続けていらっしゃいますが、小脳の運動系統に影響が出る為歩行困難になり、 言葉もうまく発せられなく 続きを読む >>