MENU

うつ病で障害厚生2級を取得、年間約115万円を受給できたケース

相談者

女性(30代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

相談時の相談者様の状況

大学卒業後数回の転職を経ましたが、どの職でもパワハラや仕事の多忙さなどから不安定になることが多く、これまでに何度も休職、復職、退職を繰り返されていました。
相談にお越しいただいた際も休職されたばかりでした。
将来への不安と、長年付き合ってきた病気に対して少しでも援助が受けられれば、とご相談いただきました。

相談から請求までのサポート

初診日の特定から行いましたが、初診が15年以上前と古かったため、カルテは既に破棄されていました。
幸い、ご本人様が当時休職した際の申請書コピーを保管されており、初診日も明記されていたため受診状況等証明書の代わりとしました。
診断書を作成いただく際には、面談時に伺った日常生活についての内容を参考資料としてまとめ添付することで、現状に即したものを作成いただけるようにサポートいたしました。
出来上がった診断書は事務手続き上加筆が必要な箇所があったため、こちらから病院へ加筆依頼を行いました。
事後重症請求だったため、迅速にお手続きできるよう進めました。

結果

うつ病で障害厚生2級を取得、年間約115万円を受給できました。