MENU

自閉症スペクトラム障害で障害基礎年金2級を取得、年間約138万円を受給できたケース

相談者

女性(30代/無職)
傷病名:自閉症スペクトラム障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

相談時の相談者様の状況

お母様より相談があり、代理で面談にお越しいただきました。
幼少期からじっとしていられず、同級生とのコミュニケーションにも問題が生じていたそうです。
面談時に持参いただいた障害者手帳の傷病名には強迫性障害・社会不安障害と書かれていたため、このままでは障害年金に該当しない恐れが高いことをお伝えしました。
面談後、ADHDの検査を経て自閉症スペクトラム障害と診断されたため、ご依頼いただき障害年金手続きを進めることになりました。

相談から請求までのサポート

既に受診状況等証明書を取得していたため、内容確認からサポートいたしました。
1箇所書類に不備があったため、すぐに病院へ修正依頼を行い、即日対応いただきました。
診断書依頼時には、ご本人様の状況をより正確に伝えられるよう、事前に伺ったアンケートを元に参考資料を作成し、診断書に添付して医師に依頼しました。
出来上がった診断書の内容に合わせ、病歴就労状況等申立書と日常生活に関する補足資料を詳細に作成し、提出しました。

結果 

自閉症スペクトラム障害で障害基礎年金2級を取得、年間約138万円を受給できました。