MENU

うつ病で障害厚生2級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談者

男性(20代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
 

相談時の相談者様の状況

会社でうまくいかないことが多く、疲労感や不眠に加え、次第に趣味にも興味が薄れるようになりました。
視界に歪みが生じたため眼科や脳神経外科に通院し検査を受けましたが原因が分からず、精神的なものではないかと疑い精神科を受診、うつ病と診断されました。
その後休職、そして退職となったため、今後の経済的不安から障害年金の申請に至りました。

相談から請求までのサポート

初診からずっと同じ病院に通院されていましたので、受診状況等証明書は取得せず、診断書の取得からサポートさせていただきました。
事前にヒアリングした参考資料も添付しましたが、普段から医師とのコミュニケーションもしっかりとれていたため実態に即した診断書を作成いただきました。
病歴就労状況等申立書についてもお話を伺ったうえで丁寧に作成しました。
ちょうど初診日から1年6ヶ月経過したタイミングだったため、非常にスムーズに手続きを行うことができました。

結果 

うつ病で障害厚生2級を取得、年間約100万円を受給できました。