MENU

うつ病で障害基礎年金2級を取得、さかのぼりで約300万円を受給できたケース

相談者

女性(40代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級(年間約100万円)

相談時の相談者様の状況

結婚以来、長年家族間の悩みを抱えてきました。
悩みを相談してきた友人が亡くなったことをきっかけに、うつ病を発症。
家事もままならず終日臥床しており、子どもたちに援助してもらう生活が続きました。
家族間の問題が根本原因のため、自宅にいても休まることはありませんでした。
体調も芳しくなく、ご自身での手続きは難しいことからご依頼いただきました。

相談から請求までのサポート

初診から現在まで同じ病院に通院していたため、認定日請求を行うことになりました。
ご本人様は認定日当時の状況についてあまりご記憶になかったため、認定日の診断書を作成いただくかどうかは、主治医の先生とご相談いただくことになりました。
その結果、認定日も現在も診断書を作成いただくことができました。
病歴・就労状況等申立書は診断書の内容に即した形で作成し、日常生活の詳細についても記載した上で提出しました。

結果

うつ病で障害基礎年金2級を取得、さかのぼりで約300万円を受給できました。