MENU

うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約140万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約290万円

相談時の相談者様の状況

会社員として働いていた時に不眠、意欲低下、食欲不振といった症状があらわれたためメンタルクリニックを受診。
うつ病と診断されました。
業務の軽い部署に移動し仕事を続けていましたが身内の不幸が続き症状が悪化。
現在は退職し、就労支援施設に通所しながら治療続けています。
 

相談から請求までのサポート

この方は初診より現在に至るまで同じ病院の同じ医師の診察を受けていました。
普段から医師に詳しい症状や日常生活の状況についてお話できていないとのことでしたので、実際の状態について医師に認識してもらう必要があると感じました。
ご本人と一緒に医師の所へ伺い改めて状況を説明し、よくご理解いただいた上で診断書の作成を依頼したところ、スムーズにお書きいただけました。
病歴就労状況等申立書を作成する際は、ご本人からヒアリングを行い、日常生活の状況などを詳細にまとめました。

結 果

障害厚生年金2級を取得、年間約140万円を受給しました。