MENU

知的障害・てんかんで障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(20代/会社員)
傷病名:知的障害・てんかん
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約390万円

相談時の相談者様の状況

まもなく20歳を迎えるという娘さんのことでお母様が無料相談に来られました。
小学生の時に周囲とのコミュニケーションがとれず学業の遅れが顕著だったため、担任の勧めで特別支援学級に編入しました。
特別支援学校時代に意識消失で救急搬送されることが続き検査の結果、てんかんと知的障害があることが判明しました。
障害者枠で就職し、障害に配慮された環境で限定的な仕事を行っています。
お母様が多忙なため煩雑な手続きを一人でするのは難しいとのことで事務の代行を依頼いただきました。
 

相談から請求までのサポート

お母様から娘さんのご状態をしっかりヒアリングさせていただきました。
知的障害とてんかんのふたつの障害があるため、その旨を参考資料に盛り込んで医師にお渡しいただきました。
出来上がった診断書のてんかん発作の状態の欄に記載がなかったため、加筆のお願いをさせていただきました。
障害年金の手続きでは書類に不備があると年金事務所で受付をしてもらえません。
当センターではお預かりした受診状況等証明書や診断書の内容に不備がないかをチェックします。
多忙なお母様にかわり病院と直接やりとりをさせていただき書類を整えるサポートをしました。

結 果

障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給しました。