MENU

てんかんで障害基礎年金2級を取得、総額約400万円を受給できたケース

相談者

 女性(20代/無職)
 傷病名:てんかん
 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
 5年遡及額: 約 400万円

相談時の相談者様の状況

小学6年生の時に意識が飛ぶということを自覚し両親に相談。診察、検査の結果、欠伸てんかんと診断されました。通院しながら投薬治療を受けますが発作が治まることはありませんでした。一日数回発作が起きてしまうため、職場の理解が得られず、就労もままならない状態です。
現在も常に発作の不安を抱えながら生活しています。

相談から請求までのサポート

 幸いにも初診の病院には10年以上前のカルテが保存されていました。
障害認定日(20歳の誕生日)の診断書を書いていただくことはできましたが、軽度な状態で書かれており、さかのぼっての受給は難しく感じられました。(現在通院中の病院の診断書は2級相当の内容で記載いただけました。)
そのため、当センターで作成する病歴就労状況等申立書のほか別途独自に作成した日常生活に関する資料には、20歳前後の発作の状況と日常生活上の支障について詳細に記載し、当時がいかに大変だったかをご理解いただくよう努めました。

結 果 

障害基礎年金2級(年間支給額79万円)を取得、5年間の遡りで約400万円を受給しました。
ご本人からは、「障害年金がもらえることだけではなく、子供の頃から発作で苦労してきたことが認められて嬉しかった」というお言葉をいただきました。