社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/障害者雇用)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

相談時の相談者様の状況

将来に不安を感じ、少しでも経済的不安を軽減したいとご相談にお越しいただきました。
お話を伺うと、これまでにも就職と退職を繰り返されており、中々継続できず安定した収入を得られないご状態でした。
障害者雇用で就労していましたが、相談時には体調の悪化により休職中で、近々退職する予定とのことでした。
現在はご家族と同居しており、身の回りの世話などを行ってもらっている状況です。

相談から請求までのサポート

長年同じ病院に通院しており、医師との意思疎通も問題なく取れていたこと、医師から障害年金に該当するだろうとお墨付きをもらっていたことから、あえて参考資料は添付せず診断書を作成いただきました。
診断書の内容は事細かにこれまでの経緯が記載されており、自立した生活や就労が困難であることが明記されていました。
しかし就労状況についての欄に休職中であることが書かれていなかったため、医師に確認の上「現在は休職中」との文言を追記いただきました。

結果

うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「うつ病」の記事一覧