肺がんで障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/職人)
傷病名:肺がん
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級、

相談時の相談者様の状況

当センターのHPをご覧になりお電話頂きました。
当初は別の社労士事務所にご相談の予定でしたが、面談日時が限定され通院との調整ができずにお困りとのことでした。
医療費がかさみ、治療を断念することも検討されていたため、早急な対応が必要なご相談者様でした。
お電話頂いた日は、当センターの職員が対応可能な状態でしたので、そのまま当センターにお越し頂き面談させて頂きました。
翌週から入院による抗癌剤治療を控えているとのことで、医師に診断書を依頼する際の添付書類についても即日作成の上、FAXやメールでやり取りをさせて頂きました。

相談から請求までのサポート

当センターに起こし頂いた際は自力歩行が可能で発病から現在に至るまでの病歴もしっかりご説明頂く事ができる状態でしたが、お手続き後にご病状が急変してしまいました。
審査自体は2ヶ月で認定されたものの、奥様が認定結果をお伝えした数日後にご逝去されました。

結果

肺がんで障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できました。

がんの最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例