慢性腎不全(糖尿病性腎症)で障害厚生・障害基礎年金2級を取得、年間約190万円を受給できたケース

相談者

男性(60代/会社員)
傷病名:慢性腎不全(糖尿病性腎症)
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
 

相談時の相談者様の状況

内科で10年以上前から糖尿病の治療を行っていたが、別のご病気を発症したことによる影響で、人工透析を受けていました。
初診日はいつになるのかお困りでご相談頂きました。

相談から請求までのサポート 

同じ病院の複数の科で治療を行っていたため、直接病院に行き書類担当の方と初診日についてお話をしました。
作成いただいた初診日の証明は請求傷病のことが明確に記載されていたため、障害年金の審査で初診日の指摘をされることなくスムーズに受給が決定しました。

結果

慢性腎不全(糖尿病性腎症)で障害厚生・障害基礎年金2級を取得、年間約190万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例