広汎性発達障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/無職)
傷病名:広汎性発達障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

相談時の相談者様の状況

幼少時より極度の偏食やこだわりの強さ、対人関係の困難さ、衝動的な暴力行為などが顕著に見られ、周囲との違和感を覚えながら成長されたそうです。
成人してからも仕事が長続きせずお父様から経済的な支援を受けていましたが、お父様の定年退職を機に、自立を促されました。
一般の就労は困難との判断から、障害者手帳を申請し、就労移行支援事業所の利用を検討しているということでご相談にいらっしゃいました。

相談から請求までのサポート

面談時に生育歴から現在の日常生活までお話を伺ったところ、衣食住、身の回りの世話について母親や恋人の手厚いサポートを受けている状態でした。
ご本人は病識が薄く、日常生活の困りごとを主治医に説明しきれていないことが分かりました。
診断書作成依頼にあたり、日常生活の困りごとを具体的なエピソードの基づき参考資料にまとめました。
診断書だけでなく、ご自身の生育歴の整理、症状の把握にも役立ったと喜んで下さいました。

結果

広汎性発達障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例