精神遅滞・自閉症・注意欠陥障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(20代/会社員)
傷病名:精神遅滞・自閉症・注意欠陥障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

相談時の相談者様の状況

お母様から息子さんについてお電話でご相談いただき、後日無料相談会へご参加いただきました。
息子さんは幼少期に軽度知的障害があることがわかり、療育手帳を取得しておられました。
治療をしても治るものではありませんし、一度も病院には行っておられませんでした。
小学校以降は特別支援学級に通学しており、現在は障害者雇用で手厚い配慮がある中なんとか就労している状況です。
また非常に感情的で、周囲に当たったりすることもよくあるとのことでしたので、障害等級2級に該当する可能性が高いと判断しました。

相談から請求までのサポート

障害年金は原則として、初診日から1年6か月経過しなければ申請できません。
しかし知的障害があると認められる場合だけは、『初めて医師の診療を受けた日』ではなく、『生まれた日』が初診日と見なされることになっています。
障害状態の審査は医師が書いた診断書に基づいて行われますので、診断書を書いてもらうために必ず医師の診察を受けなければなりません。
特別支援学校時代に校内でカウンセリングを受けたことがある医師のもとで、予約を取っていただきました。
そして医師に成育歴などを直ぐにお分かりいただけるよう、お母様から細かくヒアリングした内容を元に詳細な資料を当センターで作成し、初診時に医師へお渡しいただきました。
うつなどの二次障害が無く、通院の必要はありませんでしたので、直ぐに診断書をご作成いただけました。

結果

精神遅滞・自閉症・注意欠陥障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例