双極性感情障害で障害厚生年金3級を取得、年間約59万円を受給できたケース

相談者

女性(30代/無職)
傷病名:双極性感情障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

相談時の相談者様の状況

お電話にてご相談の後、面談にお越しいただきました。
当初はご自身で進められており、受診状況等証明書の取得、診断書の依頼までされていました。
病状により就労できる状態ではなく、経済的な不安も強いためなんとかしなくてはと焦燥感が募っておられました。
外出や電話をするのにもつらい状況だったため、お一人では複雑な手続きを進めるのは困難とのことでご依頼いただきました。
障害認定日には病院に通っていなかったことから事後重症請求を行うことになりました。

相談から請求までのサポート

受診状況等証明書を取得済で診断書も依頼されていたため、書類の内容確認からサポートさせていただきました。
出来上がった診断書の現症日を確認すると、既に3ヶ月が経過していたため、日付の修正依頼を行いました。
病歴・就労状況等申立書は面談時ご本人様から伺った内容をまとめ、現在のご病状を詳細に申し立てました。
ご本人様が途中まで進められていたこともあり、面談から提出まで非常にスムーズに進めることができました。

結果 

障害厚生年金3級を取得、年間約59万円を受給できました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例