統合失調書で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(20代/無職)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

相談時の相談者様の状況

高校在学中から幻聴が現れ、心配したご家族が精神科に受診させました。
当時はうつ病と診断されていましたが、専門学校中退後に支離滅裂な言動を取るようになり、統合失調症と診断されました。
その後、定期的に通院し投薬治療を受けていますが症状の改善する見込みは立っていません。

相談から請求までのサポート

ご本人様は外出が難しいため、面談にはお母様がおいでになりました。
お父様の単身赴任、お祖母様の介護と重なり、今後のことが心配なので遡っての受給にはこだわらないとのことでしたが、認定日時点のお話を伺ったところ、症状としては軽くないようでしたので、認定日に受診していた病院の診断書を取得し、遡っての請求を行いました。

結果 

統合失調書で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円、さかのぼりで429万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例