うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約132万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

相談時の相談者様の状況

障害年金請求手続きについて具体的な話を聞きたい、と来所されました。
手続き全般についてお話した後、まずは主治医に相談していただくよう勧めました。
相談当初は就労していたためすぐの申請には至りませんでしたが、その後主治医より就労についてドクターストップがかかってしまったため、障害年金の申請をしたいと再度相談があり、ご契約いただくこととなりました。

相談から請求までのサポート

初診から現在まで同じ病院に定期通院していたため、診断書の取得からサポートいたしました。
障害認定日当時も通院しており診断書は取得できる状態でしたが、一般就労ができていたこと、標準報酬月額が高かったことから、ご本人様と相談し現在の診断書のみ取得することにしました。
診断書依頼の際には、面談時に伺った日常生活についての参考資料を作成し、添付しました。

結果 

障害厚生年金2級を取得、年間約132万円を受給できました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例