躁うつ病(双極性感情障害)、ADHD(注意欠陥多動障害)で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(20代/無職)
傷病名:双極性感情障害、注意欠陥多動障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約78万円

相談時の相談者様の状況

初回無料相談にはご本人様とお母様がご来所下さいました。
ご相談者様は幼少時より集団行動や対人関係の構築が苦手でした。
専門学校入学直後から対人ストレスが原因で自傷行為を繰り返すようになり病院を受診しましたが、その後も自傷行為が治まらず2度の入院加療に至りました。
まずは学校へ通うことを希望されており、治療と勉学を両立するために障害年金の受給を希望されていました。

相談から請求までのサポート

初回無料相談にご来所頂いた時点で、20歳前障害の本来請求が可能な期限ギリギリの時期でした。
主治医の先生には障害年金の請求には診断書の有効期限がある旨の詳しい説明を付けて診断書の作成依頼をしました。
しかし、主治医の先生も多忙なため、診断書1枚で手続きできる期限内に診断書を作成して頂く事ができませんでした。
その為、事後重症請求分の診断書も追加で作成して頂き、診断書2枚で手続きを行うことになりました。
診断書の日付の訂正については当センターの職員が直接窓口に伺い依頼しましたが、快く応じて頂く事ができました。
「病歴就労状況等申立書」は出生時から現在に至るまでの生育歴・通院歴を詳細にヒアリングし当センターで代理作成しました。
非常に喜んで頂く事ができました。

結果

障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例