多動を伴わない注意欠陥障害で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/無職)
傷病名:多動を伴わない注意欠陥障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

相談時の相談者様の状況

発達障害と診断された30代男性からご相談いただきました。
ご自身で手続きを進めようと年金事務所に通われ、初診の証明書である受診状況等証明書の取得をされておりました。
お一人で面談にお越しいただいたのですが、一見普通に受け答えができているように感じるものの、じっくりお話を伺うと、耳から入ってくる言葉があまり理解できず、話す内容が少しでも長くなると混乱してしまうということでした。
これ以上、一人で手続きを進めるのは困難だということでご依頼いただきました。

相談から請求までのサポート

医師に普段の状況がうまく伝えられていないということでしたので、診断書依頼時には、状況をより正確に伝えられるよう、事前に伺ったアンケートを元に参考資料を作成し、診断書に添付して医師に依頼しました。
出来上がった診断書の内容とご本人様からお預かりした資料に合わせ、病歴就労状況等申立書と日常生活に関する補足資料を詳細に作成し、提出しました。

結果 

多動を伴わない注意欠陥障害で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例