うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
 

相談時の相談者様の状況

ご本人からお電話でご相談いただき、後日無料相談会へお越しいただきました。
結婚以来、長年家族間の悩みを抱えてうつ病を発症したそうです。
初診の病院で医師から家族の同席を求められたため、それ以降受診することが出来なくなり、数年間はどこの医療機関も受診しておられませんでした。
昨年から体調が著しく悪化したため受診を再開。
家事もままならず終日臥床しており、子どもたちに援助してもらう生活が続いているそうです。
自身での手続きは難しいことからご依頼いただきました。 

相談から請求までのサポート

受診を再開してから間もないため医師に診断書を作成いただけるか確認することからはじめました。
以前、初診の病院に勤務していたこともあり、すぐに診断書を作成いただけました。
病歴・就労状況等申立書には通院していない間もいかに日常生活に支障があったかを訴える文章を作成しました。

結果 

うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例