反復性うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/無職)
傷病名:反復性うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
 

相談時の相談者様の状況

初めにお母様から「障害年金の手続きをしたいけれど、20歳以降の年金を納めていない。
初診は10代の時だが病院に電話したら記録は残っていないと言われどうしたらいいのか」とお電話を頂きました。
お電話中に、当時日記は付けていましたか?と聞くと、お母様が日記を付けていて、その中に病院を受診した記載があることが分かりました。
日記の記載が初診日の証明になるようなものかどうか拝見させていただくため、面談にお越しいただくことになりました。
面談当日はご両親様が相談に来所されました。
日記の内容は当時の症状が記載され、どこの病院に受診したか、医師から言われたことが記載されていたため、初診の証明になりえると考え手続きを行うことになりました。

相談から請求までのサポート

事前にお母様が初診の病院にカルテの有無を確認してくれていましたが、当センターでもまず確認することから始めました。
初診の病院には障害年金の手続きをおこなう旨を伝え、初診日の分かる記録がないかを確認しました。
すると、カルテは残っていないが受診簿を残っていることが判明し、受診状況等証明を取得することができました。
現在の診断書時の注意点としては、反復性うつ病の方は症状に波があるため、病状が良い時と悪い時の日常生活の状況を詳細に纏めた資料や、病歴が詳細に分かる資料を作成し、医師に診断書記載時の参考資料にして頂きました。

結果

反復性うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例