統合失調症で障害厚生年金2級を取得、年間約115万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

相談時の相談者様の状況

自分を批判・攻撃する声が聞こえる、窓から外に向かって叫ぶなどの異常行動が日常的に見られていました。
通院時以外の外出は困難であり、他人とのコミュニケーションは取れませんでした。
現在も多動多弁、幻聴や攻撃的な妄想があり今後さらなる悪化が予測される状況です。
治療・通院中ですが日常生活全般においても、高齢の母親がすべて世話をしている状態で不安が残る状態です。

相談から請求までのサポート

お姉様からご相談のお電話をいただき、面談にはお姉様とお母様が来所されました。
お姉様からしっかりと病状についてお伺いし、診断書を依頼するための資料づくりの段階から日常生活における様々な支障を詳細にまとめておきました。
診断書の内容やお姉様からお伺いした日常生活をもとに、病歴就労状況等申立書を作成し致しました。

結果 

統合失調症で障害厚生年金2級を取得、年間約115万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例