双極性障害で障害厚生年金2級を取得、年間約150万円を受給できたケース

相談者

女性(40代/無職)
傷病名:双極性障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

相談時の相談者様の状況

ご本人様からお電話いただき、後日面談となりました。
ご自身で年金事務所へ行き、受診状況等証明書を取得しましたが、病歴就労状況等申立書を作成出来そうにないということでご依頼いただきました。
不眠や食欲低下などの症状が長期化していることで心身ともにつらい状況のようでした。
経済的不安を解消し、治療に専念できる環境・生活基盤を整えたい気持ちから、障害年金の申請を考えたようでした。

相談から請求までのサポート

ご本人様と面談でお会いして、日常生活の聞き取りと病歴・就労状況等申立書の聞き取りを行いました。
ご本人様からヒアリングした内容をもとに診断書の内容と整合性をとり、具体的なエピソードを交えた病歴就労状況等申立書を作成致しました。
また、医師に診断書をお願いする段階では、ご本人様の病気の現状がしっかりと伝わるように付箋を貼ったり、聞き取り票を添付致しました。

結果

双極性障害で障害厚生年金2級を取得、年間約150万円を受給できました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例