人工関節(左続発性膝関節症)で障害厚生年金3級を取得、年間約71万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/会社員)
傷病名:人工関節(左続発性膝関節症)
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
 

相談時の相談者様の状況

左膝関節の痛みを覚えたのは2年ほど前。
いくつか病院を変わりながら人工膝関節置換術を受けておりました。
お仕事が忙しく、ご自身では時間的余裕もないことから、ご依頼いただきました。

相談から請求までのサポート 

まずは初診日の確定から行いました。
初診の病院に連絡したところ、カルテはありましたが窓口にて確認しないと教えられないとのことでした。
当センターの職員が代理で窓口にて確認を行い受診状況等証明書の作成をしていただきました。
人工関節は初診日から1年6ヶ月以内に挿入置換した場合、手術日が障害認定日となります。
この方の場合、初診から1年7ヶ月の時点で手術をされていたので、事後重症請求の手続きとなりました。
現在、経過観察で通院中の医師に診断書を書いてもらい、申請をすることができました。

結果 

人工関節(左続発性膝関節症)で障害厚生年金3級を取得、年間約71万円を受給できました。

人工関節の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例