二分脊椎で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(40代/無職)
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
 

相談時の相談者様の状況

出生児に二分脊椎、水頭症の診断を受け、シャント手術を受けました。
幼少期より排尿排便の自己管理のための指導や両足内反足のためのリハビリや歩行訓練を受けていたそうです。
養護学校を経て就職されましたが、数年前より両足の筋力の低下が著しく杖なしでの歩行が困難となったそうです。

相談から請求までのサポート

診断書はご本人様より医師に依頼済みでした。
出来上がった診断書を確認したところ、いくつか記入漏れがありました
。書類の不備があると年金事務所で受付をしていただけません。
病院に診断書の加筆のお願いからサポ-トをさせていただきました。
病歴就労状況等申立書は出生時から現在までの状況を事前にヒアリングさせていただいた上で当センターで作成をしました。

結果

二分脊椎で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

その他の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例