反復性うつ病で障害厚生年金1級を取得、年間約170万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:反復性うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級

相談時の相談者様の状況

仕事で連日夜中まで残業が続き、不眠の症状からうつ病を発症。次第に悪化し、終日臥床しているような状況でした。
その後、入退院を繰り返しながら治療に取り組まれていました。
当初はご自身で認定日請求の手続きを進めておられましたが、病歴就労状況等申立書がどうしても書けず、悩んでいました。
入院中に当事務所で手続きをしたという方からの紹介を受け、無料相談会にお越しいただきました。

相談から請求までのサポート

障害認定日・現在の診断書は取得済だったため、内容の確認から行いました。
確認したところ、1箇所加筆いただきたい部分があったため、こちらで加筆依頼をしました。
また、病歴就労状況等申立書については、ご本人より伺った日常生活状況及び診断書を元に、整合性の取れた内容となるよう留意し作成しました。
診断書の取得も済んでいたこと、また診断書を修正依頼した病院様にも迅速に対応いただけたことにより、ご契約から約2週間以内に請求することができました。

結果 

反復性うつ病で障害厚生年金1級を取得、年間約170万円を受給できました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例