統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(40代/無職)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

相談時の相談者様の状況

障害基礎年金2級を受給していたが、更新で支給が停止されてしまいどのようにしたらいいか困っておられ、ご主人様がご相談に来所されました。
更新の際に提出した診断書を拝見したところ、実際の日常生活状況より軽い判定がされているようでした。
支給停止事由消滅届についてご説明し、現状に即した診断書をご作成いただけるように日常生活について詳しくヒアリングしました。
 

相談から請求までのサポート

診断書の白地と一緒に日常生活状況を纏めた資料を添付しました。
医師に現状が伝わった上で診断書をお書き頂くことができました。

結果 

統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例