ADHD・広汎性発達障害で障害厚生3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/無職)
傷病名:広汎性発達障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

相談時の相談者様の状況

就労支援施設に通所中のご本人様からお電話をいただきました。
就労支援施設の勉強会にて障害年金を知り、直接お話を聞きたいということで面談へお越しいただきました。
体調不良から仕事に行けなくなり退職をし、自宅に引きこもる生活が続き、外出は一切できないような状態でした。
対人恐怖に加え、抑うつ症状が出現し知り合いからの勧めで病院を受診することにしました。

相談から請求までのサポート

受診状況等証明書、診断書、病歴就労状況等証明書の取得を重点的にサポートさせていただきました。
診断書作成依頼の際は、わかりやすいように付箋を貼り、ご本人様からお伺いした日常生活状況を元に作成した資料を添付致しました。
病歴就労状況等申立書を作成する際は、ご本人様の具体的なエピソードを取り入れました。

結果

広汎性発達障害で障害厚生3級を取得、年間約58万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例