反復性うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(40代/無職)
傷病名:反復性うつ病、摂食障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
 

相談時の相談者様の状況

高校2年生の3学期より不登校となり、高校を中退しました。
その後、怠さ、不安感、摂食障害が慢性的に続き、何もやる気が起きず、身の回りのこともほとんど自分で行うことが出来ない状態でした。
入浴、歯磨きなども意欲がなく出来ない日が続いていました。
病院での入退院を繰り返しながら治療を継続していました。
夫の援助が必要不可欠な状態で、日常生活や社会生活は多くの援助を必要としていました。

相談から請求までのサポート

ご本人様と面談でお会いして、日常生活の聞き取りと病歴・就労状況等申立書の聞き取りを行いました。
ご本人様からヒアリングした内容をもとに診断書の内容と整合性をとり、具体的なエピソードを交えた病歴就労状況等申立書を作成致しました。

結果

反復性うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例