脊髄小脳変性症6型で障害基礎年金2級を取得、さかのぼりで約570万円、年間約101万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/無職)
傷病名:脊髄小脳変性症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

相談時の相談者様の状況

ご本人様からお電話をいただき、後日娘さんと一緒に無料相談にお越しいただきました。
体幹機能に障害があり、上手くバランスを取れないため杖が使えず、外出時は家族が必ず同行し家族に掴まりながら歩行していました。
ご自身で年金事務所に何度も足を運ぶことは非常に難しいため、ご依頼いただきました。

相談から請求までのサポート

初診から現在まで同じ病院に通院していたため、診断書の取得からサポートさせていただきました。
認定日当時の症状はご本人様もあまり覚えていないということから、認定日の診断書を作成いただくかどうかは医師に一任することにし、現在の症状について参考資料を添付し依頼しました。
結果、認定日の診断書も作成いただくことができましたが、日付などに訂正箇所があったため弊事務所より訂正依頼を行いました。
病歴就労状況等申立書は、診断書には記載のない日常生活の詳細を申立て、提出しました。

結果

障害基礎年金2級を取得、さかのぼりで約570万円、年間約101万円を受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例